保育士になる方法、専門学校で学ぶ

subpage1

保育園やこども園などで求められる保育士になるためには、養成課程を修了するか試験に合格するかの2つのルートがあります。
一般的には養成課程を修了するコースをとるのが一般的で、この場合には4年制大学、短大、専門学校の3つで厚生労働大臣が指定している保育士養成施設を卒業すれば自動的に取得することが可能です。

保育士の専門学校技術のご紹介です。

一方で、これらの養成課程を経なくても試験で資格を目指す場合ことも可能で、現在では短大卒業以上であるか、または児童福祉施設での児童保護の実務経験が2年以上ある場合などの条件をクリアすれば試験を受験することが出来ます。

毎日新聞情報の比較検討にオススメの情報を集めました。

一般的に保育士になる方法として、選ばれるのは短大のコースです。
短大であれば教育の期間も短いメリットがありますしより専門的な知識を学ぶことができます。



4年制大学は保育だけではなく幼児教育や臨床心理士などといった、どちらかといえば教員免許に近い資格を目指す人が利用する傾向にあります。

また専門学校の場合には、そのメリットとして実践力を身につけることができるのが大きな特徴といえます。

短大や大学とは異なって、専門学校では就職に役立つより実践的な技術を身につけることができます。


また教育の期間もそれほど長くありませんし、学校だけで学ぶのではなく実際の実践を受けることで、子どもたちとの接し方を学ぶことができます。

このため保育士という資格を活かして就職したあとの実践でも戸惑うことなくスムーズに保育士として働くことができます。