福祉車両のレンタカーと割引制度

福祉車両としては、本人が車椅子に乗ったままで、介助者が後ろから押してスロープを進むか、または自動昇降機で機械的に荷台のあるレベルまで持ち上げるというしくみのものや、本人が運転することを前提として、座席が車椅子からの乗り換えがしやすいように回転するしくみものなどがあります。

福祉車両のレンタルに関連する情報や口コミを扱っているサイトです。

こうした福祉車両は、購入するとかなり高額であるため、一時的な利用であれば、レンタカー会社からレンタルしてしまうというのが、もっとも費用がかからない方法であるといえます。
レンタカーとしての福祉車両ですが、たいていの場合、レンタカー会社でも各種の割引制度を用意していますので、身体障害者手帳、療育手帳などを所持していることがフロントで確認できれば、通常のレンタカーよりも割安の料金が適用されるものです。
いっぽう、こうした借り物の福祉車両で高速道路を走行する場合ですが、通常のマイカーであれば、料金が半額ですむところ、逆にこうした割引制度は適用とはなりません。



その理由ですが、高速道路の場合には、日常的に通院や通勤などのために利用するものであって、しかも福祉事務所などからナンバープレートの登録とともに承認を得ている車両しか認められないことになっているからです。


レンタカーの場合、もちろん一時的なものであって、日常的な利用とまではいえない場合がほとんどですし、なによりもナンバープレートを福祉事務所で登録していないため、制度の適用がないのです。

明日に役立つYOMIURI ONLINEのお得情報を用意いたしました。