福祉車両はリースカーとレンタカーがある

「福祉車両」は、自動車メーカーで販売されている車両を、高齢者や身体が不自由な方が、安全で乗りやすいように、専用の福祉設備を備え付けた車両の事を言います。

専用の福祉設備とは、手すりや乗降用ステップ、リフト、ウインチなどを言い、車いすを使用している方でも、車いすごと乗り降りすることができます。


足が不自由な方が運転することができるよう、アクセルやブレーキが手元で操作できるようになっている福祉車両も存在します。福祉車両は、自ら購入することもできますが、数カ月や数日のみ利用したいという場合には、レースカーやレンタカーを使用するのが良いでしょう。



「リースカー」とは、少なくとも数カ月福祉車両を借りたい場合に便利です。


リースカー会社と契約して借りるわけですが、リースカーのガソリン代はもちろん、故障が生じた場合には、借り手側で手配し、修理代も支払わなければなりません。

BIGLOBEニュースに関する情報満載です。

しかし、一日の使用料で換算した場合にリースカーの料金は、レンタカーより安価なものとなっています。

福祉車両のリースとの上手な付き合い方をお知らせします。

レンタカーは、先に述べたように、一日の使用料はリースカーより高くはなりますが、故障が生じた場合の修理代は、レンタカー会社で負担してくれますし、別な車両に交換もしてくれます。


このように、リースカーとレンタカーは、同じ借りる車でも、契約が異なり、料金についても違いがありますので、どちらを借りるかは、ニーズに合わせて見積もりを出してもらい、検討するようにしましょう。