福祉車両のレンタカーで観光旅行

ふだんは福祉車両を利用していないという人であっても、観光旅行などのために遠出をする場合には、やはりこうした車両を用意するほうが便利なこともあります。

Yahoo!ニュースに関して悩んだら、是非お試し下さい。

たとえば、足腰が弱いお年寄りの場合には、長距離を歩くことに代えて、同乗者の介助を受けながら、車椅子で巡ったほうが負担が少なくてすみます。

こうした場合、現地で自動車から降りて車椅子に乗り換えるだけでも、慣れていないとかなりの手間と時間がかかってしまいます。



そうした場合、レンタカーとして福祉車両を借り受けて利用すれば、スムーズな乗り降りができるようになりますので、観光旅行を快適に楽しむことができます。
全国展開をしているレンタカー会社であれば、このような特殊な車両であっても常備していることがほとんどであり、最寄りの営業所などに確認を入れておけば、実際にレンタカーとして借りるための手続きを教えてくれるはずです。

料金的にもふつうのレンタカーとそれほど変わることはなく、基本的には借りる日数や時間数、車両の大きさ、オプションの種類などによって、料金が決定されていると考えればよいものです。
身体障害者手帳をもっている人が予約をする場合などには、各社で割引制度が使えることがありますので、福祉車両をさらに安価に借りることができる可能性があります。

お手軽な福祉車両のリースといえばこちらです。

ただし、予約に関しては、通常の営業所ではなく、専門の受付デスクが別途設けられている場合がありますので、事前の確認だけは必須といえます。