福祉車両はレンタカーがお得です

福祉車両とは、高齢者や身体に障害を持っている人でも使いやすいように、様々な工夫が施された車両のことです。

何らかの介助があれば自分で運転できる人のための自操式と、寝たきりなど身体に不自由がある人を移送するのに適した介護式に分けられます。



福祉車両は介助される人にとって快適な移送が可能になるだけではなく、介助する人も安心して使えることがメリットです。

体を動かすのが苦手なお年寄りなどは、遠出をするための手間を考えて旅行などをためらってしまうことがありますが、乗り降り簡単な福祉車両を利用すれば移動範囲が広がります。

最先端の福祉車両のリースの専門技術を身につけましょう。

福祉車両を利用したい場合、購入すると多額の費用が必要となります。レンタカーならば費用を抑えて介助に適した車両を選ぶことができます。福祉車両をレンタカーとして借りる場合でも、ほとんどの会社が標準車と同じ料金で利用できるようにしてあります。また、身体障害者手帳など取得していると、福祉割引が適用されてよりリーズナブルな料金でレンタルすることが可能です。レンタカーの種類も様々で、自分で運転を行うなら車椅子に乗ったままの乗り降りを解除するリフトタイプやスロープタイプ、助手席に乗るならセカンドシートが電動で回転し、車外へスライドダウンするタイプがおすすめです。

産経ニュースのことならこちらのサイトにお任せください。

シートの高さも自由に調節できるようになっているので、楽に乗り降りが可能です。

回転レバーやスライドレバーを手動操作することで助手席が回転し、乗降しやすいよう車外にスライドしてサポートします。