保育士になるために専門学校へ通うなら

subpage1

現在多くの都市部で問題となっているのが、保育士不足です。

保育士の専門学校情報サイトをお探しの方にはこちらをご覧ください。

なりては少なくないものの、勤務時間が長いことをはじめとした労働環境の問題、賃金が安いことなどが背景にあり、政府も抜本的な対策は取れていないのが現状です。

産経ニュースに関する特集が満載です。

しかし、これだけ多くのメディアで報道されたことから、少しずつですが保育士の労働環境は改善の傾向があり、また、深刻な待機児童問題に悩む自治体では独自に補助金を出すなど動きが活発化しており、やはり、専門職としてねらい目の職業であることは間違いないでしょう。

そんな保育士になるには、いくつかの方法があります。
まずは、保育士試験と呼ばれる試験をパスする方法です。これは、国から委託を受けた各都道府県が毎年実施しているもので、短大卒以上の人に受験資格があります。

筆記と実技があり、合格率は毎年10パーセント台で、そうとうの難関です。
しかし、独学で勉強することもできること、学校等に通う必要がないことからこちらを選択する人も少なくないようです。



一方、確実なのが専門学校や保育学部のある短大、大学などに通うことです。

養成課程と呼ばれる過程がある学校に通うことです。こうした専門学校等に通い、定められたカリキュラムをパスすることで、試験等に合格せずとも誰でも資格を得ることができるため、確実に資格がほしいという人には専門学校等がオススメです。
また、少し変化球としては、保育士試験をパスするための勉強を行う専門学校もあります。